2011年07月11日

体操を学んでみる

バク転をやるためにはしっかりとしたイメージ作りは大切です。
このサイトでは様々な情報をご紹介して、バック転を行うためのイメージを
しっかり持って頂こうと考えています。

でも、やっぱり「練習」って必要ですよね。
運動神経抜群で、ちょっと練習すればバク転なんてできるよー、という方、
ちょっと待ってください!

何事もしっかりとした基礎があるのとないのでは、見る人が見れば
すぐにわかっちゃうんです。

バク転にしても同じ。何となくバク転を練習して、しっかりと身に付く人って
本当にセンスがいい人だと思います。
でも、そんな人ばかりじゃないと思うんです。

かくいう管理人も、センスの悪い一人(汗!)
だから、一人で練習せず、体操教室に行ってみました。

といっても体操教室という名前でやっていたわけではなく、アクロバティックな
動きを基礎から教えてくれるというスクールでした。

そこでは前方転回やロンダート、側転の基礎や、ロンダートへの助走の入り方など、
器械体操をかじったことのない素人にとっては目からうろこの技術が満載でした。
一つ一つは地味でも、この地味な蓄積の上にきれいなバック転がある!
と思えば、その一つ一つが大変面白いと思えるわけです。

気長にあせらずに、コツコツやれば、誰でも絶対にマスターできるはず!
あとは本物を知っている人、できればしっかりと技術を身に付けた指導者から
指導を受けるのが近道だし、変な癖がつかずに正統派をマスターできると思います。

スクール探しもいいものです。
絶対にバク転をマスターしましょう!!
posted by バク転マスター at 23:23| Comment(0) | バク転 やり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。